いくつかの証券口座の比較について

株や投資信託などを運用するには証券口座を開設する必要があります。証券口座には一般口座、特定口座(源泉徴収なし)、特定口座(源泉徴収あり)の3種類があります。

それらの口座を開設した上でNISA口座を開設することもできます。
3種類の口座を比較すると、取引報告書と確定申告の有無に違いがあります。

取引報告書とはその年の株や投資信託の損益計算をしたもので、確定申告する際に必要な書類になります。



一般口座では取引報告書を作成し、確定申告をしなければいけません。


株や投資信託以外の資産運用も含め、節税対策を行うのに適しています。

特定口座(源泉徴収なし)は証券会社で取引報告書は作成されますが、確定申告をしなければいけません。
税金の知識を持ち、節税対策を行うのに適しています。



特定口座(源泉徴収あり)は証券会社で取引報告書は作成し、源泉徴収を行うため、確定申告をする必要がありません。


税金に関する知識がなくても、証券会社が対応してくれますが、節税対策には適していません。
それらの証券口座を保有した上で、株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にするNISA口座を開設することができます。

NISA口座は一人一口座と決められており、複数の金融機関でNISA口座を開設することができません。NISA口座を開設するための金融機関を比較検討する方法としては株式、投資信託、新規公開株(IPO)の取扱量を比較して多い金融機関がよいといえます。



なぜなら、興味のない金融商品でも、今後、興味を持った時に、NISA口座を保有している金融機関で取扱っていないこともあるからです。


Copyright (C) 2016 いくつかの証券口座の比較について All Rights Reserved.